芦屋・尼崎の葬儀屋「家族葬さくら」
  • 料金プラン
  • 葬儀の流れ
  • 葬儀の対応エリア

自然葬(海洋散骨 樹木葬)や納骨堂・墓じまいなど

近年お墓の事情等などで、自然葬(海洋散骨・樹木葬など)や手元供養が増加しました。

 

お墓が遠方でお参りが難しい・お墓のスペースが無い・お墓の管理が辛い・遺族の負担になりたくない

 

などの意見がございます。

 

一昔前、お墓参りといえば


・ご先祖に挨拶に行く

・遠方に行くのも供養の一部

 

等の考え方がありました。 真面目にお墓参りに行く事で、心に引っ掛かったモヤモヤを解決、しっかり先祖に挨拶できる等の考え方と思います。

 

私がお墓に入ってるなら「おお、来てくれたんか」って嬉しいはずです。

 

反面遠いのに「すまんな」とも思います。
帰り道は気を付けてと言いたいが私はお墓の中・・・

 

おそらく、お墓のご先祖様達は同じ思いをしてるかも知れません。 ひょっとしたらお墓で喧嘩中かもしれません。

 

 

 

(ご子息)
遠かったけど無事に墓参りできたなぁ。 さてと観光がてら帰ろうか・・・

お墓参り

 

 

 

(お墓の中の会話)

 

子供たち孫たち

 

 

墓参り遠方までご苦労

 

 

改葬すればよかった

 

 

同意

 

 

なぜ改葬しなかった

 

 

改葬は簡単じゃない

 

 

おばあさん

 

 

おじいさん

 

 

心配

 

 

昔からのしきたり

 

 

時代は変わった

 

 

みんな墓の中

 

 

子孫が墓参り無理

 

 

 

 

 

勝手な私の想像ですよ。
確かに時代と共に変化は必要とも思います。 又、お一人で決断できる問題でもありません。 親族・親戚と相談の上、後悔しない判断をして下さい。

 

近年では

墓じまいや自然葬(海洋散骨・樹木葬など)、マンションタイプの納骨堂や手元供養などなど。お骨の在り方に多様性が見られます。


自分自身がどのようにしてほしいか、明確にしてる方が残された方々も負担が少ないと思います。 色んな悩み事を相談して下さい。お力に添えるように勉強します。粉骨・散骨・納骨堂・手元供養のご用命はこちら

 

 

 

悪質な葬儀社にご注意ください

 

孤独死・自殺・変死などの葬儀

 

葬儀全般に関するQA

 

葬儀に関するあれこれ

近年の葬儀の傾向